歌置き場

むかし作ってた曲、というか歌。先日、いろいろ思い余って消してしまったけど、再公開します。

近いうちに、かつてとは少し違う形で、もう1度やれないかな。などと、考え始めているところ。やらなければいけないことは本当に本当にたくさんあるから、実現するかはわからないけれど。

(うまく再生できない場合はこちら。→YouTube

 


「春の雪」

唯一の近作。といってももう2年くらい前になるのかな。当時、僕は失恋していて。捧げた歌であり、支えてくれた歌でもありました。他の曲よりずっと新しい分、完成度はかなりマシになってる。DTMのスタイルでゼロから完成に漕ぎ着けたの、この曲だけかもしれない。

 


「シルエット」

ごく初期の曲、をDTMで再録したもの。強引なメロディラインが特徴的。(笑)「メロディック」であることはロック的に悪いこと、みたいなイメージが僕にはあって(虚弱ゆえのコンプレックスかもね)、長らくこの曲を過小評価してた。そこまで悪い曲でもないのにねー(´・Д・)」?

 


「ほの白む空の祈り」

この歌は本当はいい歌なんだ、と思っています。親バカ心理かもしれないけど。明るくも暗くもなく、ただエネルギーだけがあるような曲にできるはず、なんだこの歌はたぶん。本当はこれも録り直したい。

 


「夏の日の陽炎」

ヘタだなあ…あれをああして、これをこうすればいいのに。と思う反面、過去の自分が、今の僕に語りかけてくるようでもあって、大切な曲。この曲ができた段階で、当時の僕は何か自分の中の1つの到達点まで来ちゃった気がして、次にどんな曲を作っていいのかわからなくなったのを憶えている。

 


「夜明けの詩」

川本真琴さんの「1」や「ドーナッツのリング」の影響を自分なりに昇華しようとしたんだろうな。記憶の中ではイマイチうまくいってなくって、ハズレ曲って印象になってたけど、今聴くとそうでもないや。変化に乏しいと思ってたけど、けっこうダイナミックじゃん。ダメじゃないじゃん。(何

 


「運命論」

僕の歌史上、おそらく最も乱暴・乱雑に作った歌。僕の心のどこかには、やっぱりいろいろうまくいかない苛立ちや理解されない絶望があって、それを歌に仮託することもヘタで。そんな毒を少しだけ乗せて吐き出すことができたのが、多分この曲。ただ、この曲調なら、アコギがね。欲しいですね。

 


「憧れの羽根」

自分の曲を素で好きだと思えたのは、この曲が初めてだったかもしれない。かなり昔の曲です。いや、聴いてて僕の心のなかでも不満の嵐が駆けずり回るけど、頭の中では完全な演奏で鳴ってるから。本当はいい歌。こうすればいいのに、は腐るほどある(;^_^A

 


「薄明」

Coccoさんに、憧れてたんですよ、僕は。それも、けっこう長い期間に渡って。活動休止後は、ちょっといろんな面で気持ちが離れてしまったけど。この曲は、自分なりの前期Cocco的怒りを渇望して、探そうとして、ある意味無理をして、作った曲でしたね。

 


「巡り巡る日々(リオに)」

リオネラという名の、黄色い長毛の野良猫が、おりまして。賢くて天然で挙動不審な、とても奇妙な猫だった。この曲のサビを苦吟していたとき、彼(彼女?)は2歳間近で、僕の膝の上にいた。1、2日後に交通事故があって、サビができて、この曲が生まれました。

 


Copyright © 2014 カラスノウタ All Rights Reserved.

「歌置き場」への4件のフィードバック

  1. 久しぶりに聴いた。
    iPhoneでだけど。
    春の雪…、なんか泣けた。
    歌、上手くなってる気がする。
    古い曲も、個人的には好き。
    夜明けの詩とか、曲と歌のバランスが
    いいと思う。静かに安心して聴ける。
    夜にいいよね。笑

    1. わあ、みゆさんお久しぶり!ご来訪ありがとうm(_ _)m
      いろいろあってサイトを消した後、敬愛するミュージシャンの1人が僕の歌を聴いてくれるというので、急いでページ作ったんですよ。
      その人は思いがけずけっこう褒めてくれて、ライブやったらいいのにってだいぶ言ってくれました。しかし弾き語りでやるのは、相当な技術と勇気がいるなー…と、思いっ切り二の足を踏んでおります(その人は超絶的にうまい)。

      弾き語りじゃないギターは、昨秋からしつこく練習してみてるんですけどね。もっとちゃんと音楽したい、と思って。
      しかし今回、みゆさんにもまた聴いてもらえて、ページを作った甲斐が増すというものです^^
      春の雪はほんとに思い入れ深くて、デモテっぽい音源を超特急で仕上げて、届けたい相手にお披露目してから、数ヶ月かけて改めてレコーディングして。でき上がったとき、これでこの物語は終わりだ、と思ったのをよく憶えています。

      だからって、最後の曲にするつもりはありませんけどね!o(*`ω´)o
      なので今後ともどうぞよろしくお願いします。どうもありがとう。

  2. お久しぶりです。
    元気にしているでしょうか?

    なかなか眠れなくて、久々に歌を聴いてたよ。春の雪は今迄とは少し違うイメージがあるけど、前向きな感じとか明るい雰囲気がとってもいいよね。
    最後の方の『春の雪』の『は』の音がなんか今の私は好きらしい(笑)
    2回聴いたけど、今は春の雪が一番好きかもしれない…。

    シルエットも好きな曲だったので、とりなおしされて嬉しい。前よりも今の方が好き。クリアになったからか、最後の『なな…』が無いバージョンも聴いてみたいところ(ワガママ言うな)

    他のも聞いていて、春の雪やシルエットみたいに、言葉がつまっている方が聴きやすい。そっちに慣れてしまったからなのか、前は思わなかったのに前奏を長く感じる曲とかが気になった。

    こうして、いつでも聴ける状態にしてもらえて嬉しいです。ありがとう。

    1. みゆさんお久しぶり!ブログたまに見てます。
      RSSリーダーで購読してるから通知が来るの。
      ひなさんの写真がでかでかとo(´ω`*)o
      僕もアメブロのIDだけは持ってるから、何度かイイネしようとしたけど、環境の問題なのか反映されないんですよね。

      いろいろあって、ここしばらく関西は神戸市の外れにひっそりと生息しております。
      在宅ワークやったり英語やったり。はたまた身体治したくてヨガやったりしつつ、音楽はわりと理論的な方を攻めてる。
      関西に来てからもギターはずいぶん練習したけど、やっぱり人並みには動いてくれない手をぢっと見たりしてて。
      この機にギターを置いて、少しお勉強してみるのもいいか、と思うようになりました。

      自分が作ってきた音楽、聴いてきた音楽についての疑問が、年々積み重なるばっかりだった。
      結局、何をやりたかったんだろ、僕は?って、ろくにわからないまま終わるのはイヤだなと思って。
      やってみると、理論といってもやっぱり音楽は音楽だから、時間はかかるけど面白いです。
      いつか自分の創作にぜんぶ還元してやるんだ、って気持ちは失ってない。つもり。

      そうそう、『なな…』とかはね。悩むとこなんですよね(笑)
      うまく歌い切れればこれでいけるはず!とか気合い入れて録っても、聴いてみると微妙だったり。
      でもカットしたらしたで間が持たなかったり、と難しいところ。
      まだまだです。精進しますよ、ちまちまと((((_・v・)_

karasunouta にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

しばらくは鬱ブログとなる予定