カテゴリー別アーカイブ: 聴きログ

森川美穂「Yes,I will… 」

世代によっては「言わずと知れた」連作アニメ、「ふしぎの海のナディア」のエンディングテーマ曲。
サウンドは80年代っぽいキラキラ感があって古風だけど、詞は普遍的でありながら陳腐になってなくて、とてもいい。いきいきとした躍動感と瑞々しさがまっすぐ胸に届いてくる。

大好きなんだよね、僕はこの2曲が。つまり、この曲とオープニングの「Blue Water」が。
肝心のアニメのことは、もうあまり憶えていないんだけど。

アニメ版

「自分で決めたことだから たぶん一人でも平気さ」

このあたりの曲はネット上での共有にわりとおおらからしくて、完全版や、「Blue Water」に至ってはTVライブ版までYouTubeにあるけど消されずに残ってる。実際、僕もYouTubeで久しぶりに聴いて入手したし(「森川美穂 ゴールデン☆ベスト」)、商業的にもこれで正解なんじゃないかな…そうだといいな(-人-;)

ちなみにアニメ版では、時間短縮のための中抜きで曲の構成や歌詞のつながりが変わることで、むしろ詞の純度が上がってる気がする。
中抜きで曲や詞の意味が変わるって、けっこう重大なことだけど、これに関しては珍しい成功例なんじゃないかと思う。

完全版

「いつかは思い出にしたいね ひとりで歩き出す時が来たなら」

歌は、優しいねえ…。
ときおり、自分が音楽を始めたときの衝撃が、胸のうちに蘇る気がする瞬間がある。歌の中にしかないもの、を再発見する瞬間というか。
下手でも手が動かなくても、またやってみようかな、という思いがよぎる瞬間。どうやらこの曲も、僕にそれをくれる1つみたいだ。

忌野清志郎「デイ・ドリーム・ビリーバー」

忌野清志郎のことは、尊敬している。生前も尊敬していたけど、ちょっと声質が苦手で、深くは知らなかった。「誇り高く生きよう」の入っているアルバムを聴いて、いいなと思って。いずれそのうち、もう1、2枚、彼の作品を聴いてみよう。と思ううちに、彼はこの世の人ではなくなった。

その後、3.11の大地震と、それに続く原発事故があり、彼の「サマータイム・ブルース」…国内の有名な反原発ソングの中ではおそらく唯一、原発事故を対岸の火事とせず、「自国で起こりうる事態」として歌った曲…が方々でフィーチャーされるにつれ、彼の歌を聴く機会も増えた。

忌野さんは、晩年がいいね。近年になればなるほどいい。人の魅力も、歌の魅力も、年齢で決まるものではないと教えてくれた一人だ。ロック界にはそういう人はけっこういるけど、でも多くはない。

「ずっと夢を見て安心してた僕はデイ・ドリーム・ビリーバー そんで、彼女はクイーン」

この曲自体に、僕自身は大した思い出はないんだけれども。ああでも、ちょっと、たとえばこの歌が赤いパソコンから流れてくる情景、空気。といったものが、この曲を聴くたびに脳裏をかすめることまでは、どうやら否定できないようです。

いつかもう1度、温かい思い出になってくれたらいいな。

村男「黒い星」

少しは、生産的なことも書こう。

最近、村男というマイナーなアーティストを知って、かなりディープにはまっている。何がすごいといって、この人の詞と声だ。つまり歌だ。というと、すべてってことになってしまうけど、まさにそんな感じだ。
彼の詞は、食品汚染問題や原発問題にまで踏み込みながら、そのなかで生きていく人間そのものを歌ってる。

詞ってものは、言葉自体にいくら重い意味があっても、無意味なものだと僕は思ってる。でも、この人の詞は、あくまでも歌として、ダイレクトに響いてくる。
聴けば、わかる。といいたくなるくらいに、僕にとっては、強烈な存在感のある人だ。特に好きな曲の1つ、「黒い星」のライブ動画がこれ。

「ほらほら疑ってご覧よ なにくわぬ顔で一杯喰わされるぜ」

この激しい歌を作り、歌う人が、ライブに行ってお会いしてみると、信じられないほど腰が低くて、心の底から優しいんだな。
僕は、同世代のミュージシャンに対しては秘めたる嫉妬みたいなものがあって、なかなか手放しに褒められないところがあるんだけど。この人には2、3度、わざわざごあいさつして、うっかり激賞の言葉をお贈りしてしまったりもした。

サイトには日記もあるけど、芯まで血の通った心の優しさ、真剣味、感受性の豊かさが垣間見えて、すごく魅力的。この1曲に限らず、広くお薦めしたいアーティスト、なのです。